So-net無料ブログ作成
検索選択

ハロルド症候群の正体とは?ドーパミンの大暴走説 [恋愛時事ネタ]











恋愛の実践に何ひとつ役に立たない内容であるのは前もって宣言しておきます(笑)


本日、一瞬だけTwitter上で「ハロルド症候群」という話題が爆裂しました。

誰が命名したのかは、はっきりしないのですが、いろいろ調べていると以下のような症状があるようです。


症状 :
だんだん涙が出てくる
ハロルドの画像を漁りだす
いつもより愛おしく感じる
とりあえずハロルドプリーズ


出典:https://twitter.com/kahochiDir/status/597534743870083072




「ハロルド症候群」のハロルドは、世界中の女性を虜にしているイギリスのボーイズグループ、ワン・ダイレクションのメンバーです。

日本ではDocomoのCMでも起用されたり、ハロルドにおいてはテイラー・スウィフトとの交際でも一時話題になりました。

そんなハロルドは知ってか知らないか、彼を愛し過ぎるがゆえに「ハロルド症候群」という名の恋の病が流行しているそうです。



スポンサード リンク








◆ハロルド症候群の正体は何なのか?

結局のところ、ハロルドに特化した「恋の病」のことではないかと考えます。しかも涙が出ちゃうくらいなんで、かなり重症ですね。

では、恋の病はどんな状態のことを指すのでしょうか?

この答えがハロルド症候群の正体ではないかと思います。




恋の病は脳内物質ドーパミンの大暴走!


恋の病は脳内物質であるドーパミンやセロトニンのバランスが崩れ、精神的に異常な状態に陥ることを指します。

ドーパミンは別名「快感物質」と言われ「快」を感じさせる物質です。

山登りで山頂に達した時、フルマラソンを完走した時に得られる快感はまさしくドーパミンが大量に分泌されたから得られるものです。

この快感が動機となり、人はより高い山を登ったり、走る距離を伸ばしたりなど、より険しく苦しい目標に挑むようになるのです。

ドーパミンが車のアクセルだとしたら、セロトニンはブレーキのような物質です。セロトニンも「快物質」ではあるものの、落ち着きや安心など「静的」な快を与えてくれます。

通常であれば、アクセルもブレーキもバランス良く機能するのですが、恋の病となるとアクセルであるドーパミンが全開になり、ブレーキとなるはずのセロトニンが減少してしまいます。


ブレーキが効かない異常事態!!!


セロトニンがあまりにも減少し過ぎると、不安感、心配、恐怖感など強迫性生障害を引き起こし、情緒不安定になりやすくなると言われています。

ハロルドの画像を見て涙が出るのは「セロトニン不足」による仕業かも知れません。。。




◆まとめ

いかがでしょうか?

全く恋愛の実践には役に立たない時事ネタでございました。

飲み会のネタぐらにはなってくれれば幸いです。。。


Good Luck !!!


スポンサード リンク









スポンサード リンク


nice!(112)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 112

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: