So-net無料ブログ作成
検索選択

アラフォー男性が痺れる10個のキラーフレーズ [女のための恋愛心理]





shibireru.jpg


最近アラフォー男性が若い20代、30代の女性から支持を集めています。

アラフォーと言えば精神的にも経済的にも安定し、仕事においてはリーダー、管理職の立場でバリバリ活躍している人が大半です。

夢がない
行動もしない
自分の意見もない

若い女性はそんな同世代の男性陣に愛想をつかせ、アロフォーが一層輝いて見える時代なのでしょうか?



本日はキラキラ見えるアラフォー男性に恋をした女性のためのネタをご紹介します。

こんなセリフ言われたらアラフォー男性の脳も心も痺れること間違いない!

そんな効果絶大なキラーフレーズを厳選しました。


題して、、、



アラフォー男性が痺れる10個のキラーフレーズ




1.尊敬しゃちゃいます


男女や年齢問わず、言われて不快になる人はまずいないマジックワード。何かと頼られたいアラフォー男性には特に響く一言です。



2.年齢を感じないです


20代の時に比べ体力、精力、肌の張りに劣りを感じ始めるアラフォー男性。

「あれ?おかしいな…」普段生活している中であらゆる場面においてそう感じる年代です。

「年齢をかんじないです」の一言で元気と勇気は100倍!間違いなし。



3.落ち着きます


20代の若造には外見や体力では負けるけど、修羅場を超えてきた経験やメンタルの強さ、生きるための知恵では絶対に負けるものか!

大半のアラフォー男性はこう思っているのではないでしょうか。

男は内面で勝負!そう意気込む彼をやさしく持ち上げる一言です。



4.心強いです


男である限り、自分よりか弱い愛する者を守りたいと思うのは本能です。

そんな男の「承認欲求」をもっとも満たしてくれる言葉のひとつが「心強い」。

体力・腕力に自信のない男性もいちころです。



5.時間が経つのが早いです


一回りも若い女性が快くデートに応じてくれたとしても、大半のアラフォー男性は心の中でちょっとした不安を抱えているものです。

「はたしてこんな若い子に楽しんでもらえているのだろうか?」

「楽しかったです」「楽しいです」と言われるよりも、「時間が経つのが早いです」と言われた方が社交辞令に聞こえなく、リアルに響きます。




スポンサード リンク






6.いろいろ教えてください


男は基本的に自分の考えや過去の経験を自慢したがる生き物です。

それは自分の存在や生き方を否定したくないというプライドでもあるし、それを語ることは一種のアピールだと思っている人もいます。

お兄さん症候群の男性の大好物は「いろいろ教えてください」。



7.今日もキマってますね!


20代と違って、ちょっと油断すると腹が出たり、イケてない服を選んだり、仕事が忙しいことを理由にシェイプアップをサボったりなど、、、異性の目を気にしなくなる年頃です。

そんな男性が多い中、自分磨きを怠らない少数派のアラフォー男性には、この言葉はボディブローのように効くことでしょう。

「今日も」がポイントですね!

努力が実った喜びと、継続して努力するモチベーションとなります。



8.年下はありですか?


「俺はいいけど君は大丈夫なのかな?」

あなたと年齢差があればあるほど、このような年齢差に対する漠然とした不安や心配を抱えている男性は少なくはありません。

「年下はありですか?」の一言は、脈ありだと脳が混乱し始めるか、希望として前向きに捉えるかのどちらかです。



9.(具体的な)ありがとうございました


誰もがそうですが感謝されると気分が良いものです。

特に具体的に感謝の言葉をかけられると、嬉しさは倍増し、若くても礼儀礼節をわきまえているという「あなたに対する良い印象」が彼の心に刻まれます。



10.また誘ってくださいね


年齢差による不安や自信のなさを瞬殺してくれることの言葉。

もしあなたに好意をもっているのであれば間違いなく次回もお誘いが来ることでしょう。






いかがでしょうか?

えっ?こんなことで痺れるの???

と思うかも知れませんが、、、そんなもんですよ(笑)


キラーフレーズはお金も労力も時間もかかりません。

リスクもゼロ。

たった一言ですから!


唯一のリスクがあるとしたら、本気であなたのことが好きになっちゃうかも知れない。

この1点ですかね(笑)



Good Luck !!! 
Girls !!!





スポンサード リンク










スポンサード リンク


nice!(140)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 140

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: